TK.blog

カテゴリ:England( 11 )

アニック城

b0055150_22264164.jpgヨークを出発し、
ニューキャッスル乗換でアルンマウス到着。

駅からバスで20分くらい、
丘陵地を渡り、
地平線を越えると
アニック城が見えてくる。

もの凄くドラマチックな道のり。

b0055150_22372380.jpg
長く伸びた芝生が風の流れに沿って
ざわざわ云うのが
絵の様で素敵。

1日たっぷりここに居れたら
浄化されそう。

b0055150_22374927.jpg
城壁の中からの景色。
白い点は羊の群れ。
手前には川。

城内には博物館も設置されており、
写真撮り放題。

お城って、テンション上がるかも。

b0055150_2238268.jpg
お城の上に何かいて、
こっちを見下ろしていて、びっくり。

兵隊だったり、
不思議な生き物だったり。

b0055150_22385761.jpg
アニック城は、実は
ハリーポッターがクディッチの試合や
箒の練習の撮影場所。

真剣に見入る兄弟。(多分…)
を眺めながら、芝生で転がる私たち。
[PR]
by betsey7 | 2005-06-11 23:16 | England

移動、移動、移動

b0055150_0395357.jpg
ピカリング到着。下車。

ふと見ると、
車両の脇腹に獅子。

b0055150_0425182.jpg
頭上を見ると、
ホームの時計に『Not in use』の文字。
かなり前から動いていない模様。

そして改札を出る。
今日中にヨークまで移動の予定。


b0055150_0463798.jpg
地図がないものだから、散々迷い、
ピカリング駅からかなり離れた所に
ヨーク行きバス停をやっと発見。

そして一向に来ないバスを待つ。
バス停の時刻表がいい加減で、
はらはらどきどき。

『まだ来てないのか?』
『一分差で出ちゃったのかも…!?』

揺れ動く旅人の心。
結局バスは遅れていただけで一安心。

b0055150_0501139.jpg
予定していたYH『ヨーク バス ユース』
をゲット。
YHは基本的に部屋数が多いためか、
アポなしで行っても
受け付けてくれるところが素敵。

学生の利用が多く、こんな注意書きが→

10代の同室の女の子たちの就寝は早い。
3人連れは遠足の学生。
1人は休暇を利用して一人旅の学生。
そしてアジアンが二名。

b0055150_105982.jpg
翌朝には皆で仲良くおしゃべりして別れる。
一期一会。

閉鎖された教会跡地の前を散歩。
とても空気の澄んだ朝。
やっぱり、天気には恵まれた私たち。
[PR]
by betsey7 | 2005-05-14 01:44 | England

緑な日々


b0055150_163790.jpg
グロスモントからゴースランドで蒸気機関車の旅は終了。

やっぱり、羊をぱちり。

b0055150_173876.jpg
ゴースランド駅から少し歩くと
リサイクルショップ&
観行客向けのようなお店が。


b0055150_1105150.jpg見てるだけで楽しい
ディスプレイ。

アイスも、
ガーデニング用品も。

b0055150_112632.jpg
で、お店からまた少し行くと
こんな景色。

この先も延々こんな感じ。



b0055150_1131877.jpg
ザ・休日。

b0055150_114678.jpg
何でも無い街灯もいちいち
可愛いデザインとカラー。
この配色センスが
日本にあったらな。

次の停車駅はピカリング。
ピカリング!
なんて素敵なネーミングセンス!

[PR]
by betsey7 | 2005-03-19 01:34 | England

鉄道に揺られて

b0055150_21285435.jpg
ウイットビーからグロスモントへ移動。
青々としたグリーンの中を走ってくる列車は
夢の中へ連れていってくれるようでロマンチック。

b0055150_21304815.jpg
郊外は本当に羊だらけでこれまたメルヘン。
流れる景色は延々と羊の点。
イギリスに羊とは新発見でとっても新鮮。
羊=オーストラリアってなイメージだったもので。

b0055150_21315070.jpg
グロスモント到着。
ここで1時間弱ほど待つ。
『いたよ、トーマス!』と子供の声。

この時まで機関車トーマスのモデルになった列車とは
気付かず…
子供がきゃっきゃしてたので気付いた次第。
妙に家族連れが多かった訳だ。

b0055150_2133253.jpg
そして、このように犬連れの方もいらっしゃる。
絵になる一枚。

駅周辺は本当に何も無く、こうして人間観察。
ただ至る所にウォーキングコース的なものがあり、
健康志向が伺えた。

聞いた話によると、イギリス人の週末の過ごし方のひとつには
天気さえ良ければ、何も無い田舎へ出かけて
1日ひなたぼっこを楽しむ家族が大半だそう。
だから、何も無いのに人と車がいっぱい。


b0055150_2133534.jpg
蒸気機関車の運転席は入れ替わり立ち代わり、
子供と男性が順番待ち。
見学させてくれるなんて親切。

こうして間近で見ると、結構迫力。
日本でたまに見かける電車カメラマンのような人も少数発見。

b0055150_21341753.jpg
艶があってきれい。
歴史を感じさせます。

b0055150_21351263.jpg
本当は?
ハリーポッターが学校へ向かう列車なのでした。
確か、撮影に実際に使われた機関車のはず。

そしてゴースランドへ。

[PR]
by betsey7 | 2005-02-28 21:29 | England

ドラキュラ伯爵の眠る丘


b0055150_0491643.jpg
延々と続く石階段を登りきったらお墓が…
バックパックをしょった身にはキビシイ道のりだった。

ちなみにこの墓地のすぐ横にYHがあることに
昨晩、なぜ気付かなかったんだと…!

b0055150_0502174.jpg
なんだか別世界。

この日ももの凄く良い天気に恵まれる。
日頃の行いが良いということで。


b0055150_051386.jpg
こんなに明るい中にあるお墓は、それでもかなりの雰囲気。
写真なんてばしばし撮ってて良かったんだろうか。
夜見たら相当恐いんだろうね。

b0055150_0513774.jpg
街角の壁からシャボン玉が風に飛ばされてロマンチック。
よく見るとバブルマシンが仕込んであった。
やることいかしてるなあと関心。素敵!

b0055150_0521317.jpg
丘を下ると、田舎の漁港という町並み。
ありきたりのこんなキャンディーショップでお土産ゲット。
カラフルで飾っておきたいくらい可愛いキャンディーたち。

b0055150_0523646.jpg
電車が行ってしまった後…
40分程待つことに。
マウンテンバイク持参の子供たちが次々に乗り込む。
『こんな田舎に何しにきたの?』
『今度来る時は夏にしなよ!』って。
見知らぬアジア人にも、少し話して打ち解けたら親切。
コミュニケーションって、大事。

[PR]
by betsey7 | 2005-01-10 01:26 | England

港町の朝

b0055150_2383733.jpg
ウイットビーの朝、晴天。
ホテルの窓からはカモメがふわふわと飛ぶ姿が。
前日の、野宿覚悟の自分たちが嘘のよう。

b0055150_23162329.jpg

朝からボリュームたっぷりの『イングリッシュブレックファースト』は
豆とハムと焼きトマト、目玉焼き、ソーセージが定番らしい。
最高に美味しいんだけど、ハムがとっても塩辛くって…。


b0055150_23101254.jpg
b0055150_23104285.jpg

b0055150_23111788.jpg
このインの隣に宿泊。
no seazons以外ののB&Bやホテルは本当に少なくて、どこもお客がいっぱい。
ここでもそう。
ホテル裏口の階段頭上にはシャンデリア。

どうやらウイットビーの丘にはドラキュラ伯爵が眠るらしい…
お腹をいっぱいにしてから行動開始。つづく→
[PR]
by betsey7 | 2004-12-24 23:25 | England

鉄道に乗って


b0055150_237133.jpg
キングスクロス駅13:15発→ヨーク15:34着、45発経由
→スカーボロー駅16:31着→バスでウイットビーへ!

b0055150_23113259.jpg
バスの道のりはこれぞ英国カントリーといった景色が延々と続く。
パノラマに海が見えた時は感動。
嵐が丘のヒースのよう。

→車両の脇腹。トラディショナルできれいな配色!

b0055150_0543454.jpg
ウイットビーに着いてから、no vacationだらけのB&Bの中、
一階がクラブで若者が大騒ぎしているホテルのシングルを
やっとゲット!
二階は驚く程静かで安心。
入れ墨フロントマンも親切で安心。

→ホームの柱で遠近感。
[PR]
by betsey7 | 2004-12-11 23:21 | England

なんでもない風景その1

b0055150_2036322.jpg
ローズガーデンに辿り着くまでの道から身を乗り出して撮影。
イギリスなのに柳(の仲間?)が。
しかし川がとても近い。
多少の雨なんかじゃびくともしなさそうな大自然を
大都会ロンドンで味わえた。
[PR]
by betsey7 | 2004-12-01 20:38 | England

オーストリア大使館

b0055150_2148143.jpg
オーストリア大使館 in England。
ハリーポッターに出てくる
グリンゴッツ銀行のモデルとか。
この近くのYHに宿泊したけど、
こんな外観でリッチ気分を味わえてhappy!
[PR]
by betsey7 | 2004-11-22 21:49 | England

英国犬事情

b0055150_2152396.jpg
イギリスの公園には大体犬のうんちboxが設置されているそう。
日本が見習ったほうがいい所って
こんな小さなとこからなのかも…
[PR]
by betsey7 | 2004-11-14 02:19 | England



超個人的伝言板
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31